Dynabook T452/35HW 0XC0000034(BCDエラー/Recovery)

※本記事は、実際の対応事例を元にAIを用いて作成されました※

お客様からの問い合わせ

Dynabook社製のパソコン(型番:T452/35HW)をお使いのお客様から、Windowsが起動できないというお問い合わせをいただきました。プログラムのアップデート後、再起動中にブルースクリーンが発生し、その後の起動時にエラーコード「0XC0000034(BCDエラー/Recovery)」が表示されるとのことでした。

問題の特定

お客様のパソコンを診断したところ、ハードディスクに問題があることが判明しました。この問題が原因でWindowsが起動できなくなっていると考えられました。

解決への取り組み

当店では、お客様のパソコンのハードディスクをSSDに交換し、Windows 8.1を修復した後、Windows 10へのアップグレードを行いました。インストールされているプログラムや設定の引き継ぎを行い、Windows 10のライセンス認証を完了させました。結果として、Windows 10が正常に起動できるようになりました。

この事例では、ハードディスクの故障が原因で起こった問題を、SSDへの交換とシステムのアップグレードによって解決しました。お客様の大切なデータを可能な限り救出し、快適なコンピュータ環境を提供することができました。


同じようなトラブルでお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。
豊富な経験と専門知識を持って、お客様の問題を迅速に解決いたします。お一人で悩まずに、安心してお任せください。
お電話でのお問い合わせが苦手な方は、公式LINEやお問い合わせフォームからもご相談いただけます。

関連記事

コメントは利用できません。
友だち追加
LINEからも相談できるようになりました。
【パソコン持込先】
133-0065 東京都江戸川区南篠崎町5-10-17
最寄り駅:都営新宿線瑞江駅
最寄りバス停:(京成バス)王子マテリア

当店では下記のOSも対応しております。
・Windows98
・Windows2000
・WindowsXP
・WindowsVita
・Windows7
※故障内容によっては、部品が手に入らない場合もございます。
メーカーで断られてしまったパソコンや自作パソコンなども対応致します。
 
お持ち込み対応は夜23時まで対応致します。
※事前に予約をお願いいたします。
公式LINEからでも訪問予約は可能です

■修理・トラブル対応に関する事前相談は下記からどうぞ 0120-49-8589(固定電話から)
050-3574-5678(スマホ/IP電話等)
※対応中で電話に出られない場合もございます。
折り返し致しますが、メッセージを入れて頂けると助かります。
その際、機種名と症状も吹き込んでいただけるとスムーズです。
公式LINEからもどうぞ
 
※パソコンの状況を悪化させてしまったりする可能性があるため、技術的な電話サポートは行っておりません

 
■宅配修理 全国対応致します。
パソコンの梱包方法が分からない
発送するにはどうしたらいい?
そんな時はお気軽にご連絡ください。
 
返送時の送料/代引き手数料は当店が負担いたします。
(診断のみの場合は、送料/代引き手数料がかかります)

 
■営業時間/問い合わせ方法
店舗持込:8:00~23:00
※予約制のため、お持ち込み前にご連絡願います。
出張対応:9:00~18:00

 
■お支払い方法
・現金
・銀行振込
・請求書払い(事前にご相談願います)
・代引き(現金のみ)※宅配修理のみ
・各種クレジットカード
・PayPay

 
■不要パソコンのお引き取り
当店までお持ちいただければ、
不要のパソコンを無料でお引き取り致します。
(事前にご連絡をお願いいたします)

ページ上部へ戻る